ホンダ モンパル…グッドデザイン大賞にノミネート

日本産業デザイン振興会が主催する2006年度グッドデザイン賞で、ホンダの電動カート『モンパルML200』が、2006年度グッドデザイン大賞候補となる「ベスト15」に選ばれた。

自動車 社会 社会
日本産業デザイン振興会が主催する2006年度グッドデザイン賞で、ホンダの電動カート『モンパルML200』が、2006年度グッドデザイン大賞候補となる「ベスト15」に選ばれた。

モンパルML200は、車体幅を自転車並みの595mmとした「スマート・パッケージ」を基本に、先進安全研究車「Honda ASV-3被視認性向上技術」を採用するなど、ホンダ独自の技術により“安心して乗れる”“快適に乗れる”“おしゃれに乗れる”を徹底的に追求した電動カート。

デザイナーは、本田技術研究所汎用開発センター開発室第一ブロック、山岸政彦研究員。

デザイナーのコメントは「従来の電動カートという枠にとらわれない、アクティブなシニアのお客様に向けた、ホンダらしい新しいモビリティを目指しました。コンセプトは“QUALITYLIFE−お年寄りの質の高い生活を支える、安心、快適、おしゃれな新しい乗り物”ご自分の足で歩くような感覚で、街の風景や季節を感じながら楽しんで乗っていただきたいと思います。」とのこと。

赤池学副審査委員長のコメント:「ともすれば、機能優先でデザインが軽視されてきた福祉カート、シニアモビリティの野で、ようやくデザインクオリティとセンスウエアを語れる商品が登場してきた」

「ポイントは、“ホンダらしい新しいモビリティ”という開発コンセプトを裏切ることなく、ホンダ車のファミリーラインナップとしても充分に耐えられるスマートなパッケージングに成功していることだ。自転車並みの車体幅のボディ、低重心で安定感のあるリヤフェンダ、愛着のわくフロントフェイス、車輪やインジケーターの視認性を高めたバリアフリーへの配慮など、アクティブシニア向けの電動カートに留まらず、新しいコミュニティカートとしてのユニバーサルな普及も期待できそうだ」
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース