【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU

エコカー 燃費

【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
  • 【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
  • 【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
  • 【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
  • 【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
  • 【レクサス LS 新型発表】プリクラッシュセーフティ デンソーのECU
デンソーは、トヨタ自動車の新しいプリクラッシュセーフティー(PCS)システム用製品としてステレオ画像処理ECU、走行支援ECU、前方ミリ波レーダ、プリクラッシュシートベルトECUを開発したと発表した。レクサス『LS460』用に供給する。

新しいPCSシステムは、車両前方、後方の障害物を検知するミリ波レーダと、車両前方の障害物を撮影するステレオカメラ、運転者の顔の向きを撮影する車室内カメラを搭載する。 

ステレオ画像処理ECUは、ステレオカメラからの画像信号を高速で処理し、処理した信号を走行支援ECUに送る。走行支援ECUは、ステレオ画像処理ECUとミリ波レーダからの情報に基づき、PCSシステムを制御する。この走行支援ECUは、PCSシステムだけでなく、レーダクルーズコントロールシステム(全車速追従機能付)、レーンキーピングアシストシステムも制御する。 

デンソーは、このステレオ画像処理ECUをトヨタ自動車、NECエレクトロニクスと共同で新開発、走行支援ECUをトヨタ自動車と共同で新開発した。

また、ミリ波レーダはミリ波の変調方法を改良することにより、前方ミリ波レーダの近距離での検出性能を向上させた。走行支援ECUからの指令にもとづきモータを制御し、シートベルトの巻き取りを行うプリクラッシュシートベルトECUについては、回路部分の統合やケース、組み付け方法の改良で、体積で従来の約3分の1、重さで約半分以下という大幅な小型軽量化を実現した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集