トヨタ自動車とKDDIが携帯電話を共同開発 車内の使用を想定

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

トヨタ自動車とKDDIが携帯電話を共同開発 車内の使用を想定
  • トヨタ自動車とKDDIが携帯電話を共同開発 車内の使用を想定
トヨタ自動車とKDDIは、車との連動を強化したトヨタオリジナル携帯電話『TiMO』(ティーモ)、機種名『W44T II』をauブランドで共同開発し、10月下旬から全国のトヨタ販売店で発売する。発売に先立って9月1日から販売予約を開始する。

今回発売するティーモは、auの携帯電話『W44T』をベースに、専用のデザイン・カラーの採用に加え、専用コンテンツとして緊急通報サービスである「HELPNETケータイ」とゲームや着うたなどをダウンロードできる「無料コンテンツ倉庫」の1年間無料サービスなどのコンテンツを用意し、車との連動を強化した。

トヨタ純正のBluetooth(ブルートゥース)対応ナビゲーションシステムへのハンズフリー接続の初期登録が容易で、アームレストなどへの固定が可能な専用車載充電台(別売)を採用するなど、自動車ユーザーが簡単・便利に使用できる機能・装備も設定した。

メーカーは東芝。価格はオープン価格。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集