愛知県道路公社でETCの新割引サービス

自動車 テクノロジー ITS

愛知県道路公社が管理するETC導入路線のうち5路線=知多半島道路、南知多道路、セントレアライン(知多横断道、中部国際空港連絡道路)・猿投グリーンロードで、新たなETC料金割引を実施する。

愛知県道路公社では、今回の割引について2006年7月21日に国土交通大臣の認可を受けた。

マイレージサービスの基本ポイントは、2006年9月1日から実施する。通常1通行ごと100円に付き、1ポイント付与されるところ、2006年9月1日〜2008年3月31日までのキャンペーン期間は1通行ごと100円につき4ポイントが付与される。また、2007年4月1日からは、月間の利用金額に応じてポイントが付与されるサービスを行う。

大口・多頻度のETC利用者に対して東/中/西日本道路が発行するETCコーポレートカードについても、月々の利用頻度に応じた割引を受けることができる。

ETC夜間・早朝割引きは22:00−24:00が10%、0:00−6:00は20%の割引が受けられる。ただし猿投グリーンロードはこれらの時間帯は料金徴収時間外のために実施しない。

一方、回数通行券については廃止する。ただし猶予期間があり、購入は2007年4月30日まで、利用は2008年2月29日まで。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集