【インプレ'05】河村康彦 マツダ『ロードスター』 3代にわたって息づく独自のキャラ

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 マツダ『ロードスター』 3代にわたって息づく独自のキャラ
  • 【インプレ'05】河村康彦 マツダ『ロードスター』 3代にわたって息づく独自のキャラ
2代の先輩たちに敬意を表しつつも「何とか“新しさ”も演じたい」という切迫感も滲み出たスタイリングは、もうプラスαのインパクトも欲しかったけれどまずまずの新鮮さをもっている。

インテリアの質感は予想通りに大幅向上。ただし、「カニのお腹」(?)のようなセンターパネルのデザインは、ちょっと気分ではないけれど…。

ほんの少しだけ“3ナンバー枠”に踏み入れたボディ幅は、実際に乗ってみれば気にならず。このご時勢に重量をほとんどアップさせなかったのは立派のひと言で、ランニングコンポーネンツのレイアウトにも大幅に手を入れたピュアなスポーツカーらしいパッケージングもこのクルマの見せどころ。

自在なハンドリング感覚を実現させ、フラット感も優秀なフットワークの仕上がりも今度の『ロードスター』の大きな美点であるいっぽう、「最大の残念」はハイオク仕様の2リッターというのにパワー感に欠けるエンジン。サウンドも含めたフィーリング面もかなり今イチ…。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

特集