【インプレ'05】松下宏 レクサス『GS』 ハイテクで構築された先進の走り

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 レクサス『GS』 ハイテクで構築された先進の走り
  • 【インプレ'05】松下宏 レクサス『GS』 ハイテクで構築された先進の走り
『GS』430に乗り始めてすぐにわずかにステアリングを切ると、一瞬手ごたえの軽さが感じられた。

運動性能を総合制御するVDIMが装備されていて、その一部に電子制御パワーステアリングと組み合わせたアクティブステアリング機能が備えられ、低速での操舵力を軽くしているためだ。

この軽さは違和感というほどではなく、車速に応じてしっかりした手ごたえが感じられるので、よくできた電制パワステといえる。また滑りやすい路面で試したVDIMの性能もじつに高いレベルにある。

高速ではとにかく速い。テストコースでの試乗でアクセルを踏み込むと、速さを実感させないうちに超高速域に入っているのでスピードメーターを見て驚かされる。200km/h超のクルージングもじゅうぶんに可能なだけの性能だ。

ただ、欧州の高級車に比べると、高速域での安定感にはまだ及ばない部分がある印象。このあたりがよくなると相当によくクルマになると思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集