三菱自動車、SU トライトン を日本に輸入販売

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車、SU トライトン を日本に輸入販売
  • 三菱自動車、SU トライトン を日本に輸入販売
三菱自動車は、タイで生産するスポーツ・ユーティリティ・ピックアップ『トライトン』を9月下旬から日本国内で輸入して販売すると発表した。系列ディーラーで7日から予約を受け付ける。

同社では、トライトンは、2005年8月のタイ発売以降、マリンスポーツやウィンタースポーツなど、アウトドアスポーツを好むユーザーを中心に日本国内導入のニーズがあり、今回300台限定で国内向けに販売する。

日本仕様として、3.5リットルV型6気筒SOHCガソリンエンジンを採用、4速オートマティックトランスミッションを組み合わせた4WD車で、4ドア、5人乗りのダブルキャブ仕様を導入する。

三菱自動車では、過去3代に渡り、世界各国へ280万台のピックアップを輸出してきた。今回日本国内に投入するトライトンは、同社のピックアップの耐久信頼性に加え、現代のライフスタイルにマッチしたスタイリング、機能、快適性を付加した新時代のピックアップを目指したと、している。

2005年8月にタイ・バンコクに発売したトライトンは順調に生産台数を伸ばし、生産開始後約1年で累計生産台数が5万7000台に達している。世界戦略車として、欧州、豪州、南米への輸出を開始しており、最終的には約160カ国へ出荷する計画。

日本国内での価格は294万円の予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集