【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『GS』 国産上級ドライバーズカーの指針

試乗記 国産車

【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『GS』 国産上級ドライバーズカーの指針
  • 【インプレ'05】日下部保雄 レクサス『GS』 国産上級ドライバーズカーの指針
『GS』の持ち味は何といっても滑らかさだ。ゼロスタート発進でもこれまでの日本車とは一線を画する、飛び出し感のない腰を沈めるような走り出しは、日本発のプレミアムカーとしてふさわしい。

レクサスは新しい技術も多数盛り込まれているが、それよりもクルマの走り味を大切にしており、低速から高速クルージングまで高い静粛性をはじめ、高速での直進安定性などに工数が注がれている。確かにドライブして非常に楽なクルマだ。

ただし、ランフラットタイヤ装着車はタイヤの硬さがあって標準タイヤほど乗り心地はよくない。ハンドリングは素直でライントレース性に優れており、スポーティカーとは違うがなかなか素直で快適なドライブテイストを持っている。GSはあくまでもドライバーズカーであり、後席のアメニティはそれほど充実してない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》

特集