【インプレ'05】こもだきよし レクサス『GS』心地よい上質さという面では今一歩

試乗記 国産車

【インプレ'05】こもだきよし レクサス『GS』心地よい上質さという面では今一歩
  • 【インプレ'05】こもだきよし レクサス『GS』心地よい上質さという面では今一歩
ディーラーでの『GS』はオーラを発しているようだが、残念ながらクルマ本体から伝わる高級車感がイマイチだ。

まずサスペンションはもっとしなやかに動いてもらいたい。ダブルウイッシュボーン(F)とマルチリンク(R)の動きにフリクション感を感じる。

極端にいうとサスペンションを硬くするだけでコーナリング時の姿勢を安定させようとしている。しかしもっとしなやかに動いてくれればロードホールディングはもっとよくなり、同時に揺すられるような乗り心地も改善される可能性がある。

もうひとつの高級車らしさの不足は、エアコンのコントロールパネルに「REST」スイッチがないことだ。これはドイツ車には多く採用されているものだが、エンジンを止めた後でも30分ほどはヒーターが利くという便利装備。

ドイツでは法律でアイドリングができないが人待ちや踏み切り待ちなどでエンジンを止めても、水温やバッテリー、外気温など条件に合えばヒーターが利くようになっている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆

こもだきよし| モータージャーナリスト
クルマ好きというより運転が好きなモータージャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト協会副会長、BMWドライバー・トレーニングのチーフインストラクター、JAF交通安全委員会委員、警察庁各種懇談会委員などを務める。
《こもだきよし》

特集