【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い

自動車 ニューモデル 新型車
【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】デザインに現れる性格の違い
英ロータスの製品レインジを見渡すと、ダイナミックで抑揚の効いた『エリーゼ』や『エキシージ』のデザインに比べ、20日に日本発表された『ヨーロッパS』は、なめらかで控えめなフォルムだ。

スポーツカーあるいはレーシングカーであるエリーゼやエキシージは、フェンダーの張り出しで走りへの意思、長いフロントオーバーハングと短いリアオーバーハングで前進感と俊敏さを表現する。強弱の付いた面とその流れは、よどむことなく流れ、走る勢いを表現する。

一方のヨーロッパSは、大型化したサイズで居住性の良さを視覚化。抑揚は抑えられ、端正で理性的な面構成になっている。ショルダーラインは張り出し、その折れ線はフロントやリアのフェンダーラインに繋がり、上にキャビンが載っかる構成だ。

GTであるヨーロッパSは、非日常であるスポーツを表現しながら、日常での実用性も表現したデザインと言えるだろう。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

  • 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT 画像 【ロータス ヨーロッパ 日本発表】ビジネスクラスのGT
  • 【ジュネーブモーターショー06】ロータスのビジネスクラス、ヨーロッパS 画像 【ジュネーブモーターショー06】ロータスのビジネスクラス、ヨーロッパS
  • ロータス ヨーロッパS …写真蔵 画像 ロータス ヨーロッパS …写真蔵
  • 【バンコクモーターショー11】ロータス ヨーロッパ がプロトンの手で復活か!? 画像 【バンコクモーターショー11】ロータス ヨーロッパ がプロトンの手で復活か!?

特集

おすすめのニュース