【株価】米金融政策見極めで、自動車株は全面安

自動車 ビジネス 株価

円高や国内長期金利の上昇て不透明感が漂う中、米国の金融政策を見極めたいとのムードが強まり、全体相場は大幅続落。幅広い銘柄が売られ、自動車株は全面安となった。

ホンダが前日比190円安の8050円、トヨタ自動車も50円安の 6680円とともに3日続落。日産自動車も5円安の1513円と続落した。マツダ、ダイハツ工業も反落し、全面安となった。

極端な円高となれば事態は変わってくるが、好業績銘柄に対する先高期待は根強い。自動車も相場全体の流れに押された格好だ。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集