【ラジアルタイヤ徹底ガイド】F1テクノロジーを搭載したスポーツラジアル…グッドイヤー イーグルレヴスペックRS-02

自動車 ニューモデル 新型車

【ラジアルタイヤ徹底ガイド】F1テクノロジーを搭載したスポーツラジアル…グッドイヤー イーグルレヴスペックRS-02
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】F1テクノロジーを搭載したスポーツラジアル…グッドイヤー イーグルレヴスペックRS-02
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】F1テクノロジーを搭載したスポーツラジアル…グッドイヤー イーグルレヴスペックRS-02
  • 【ラジアルタイヤ徹底ガイド】F1テクノロジーを搭載したスポーツラジアル…グッドイヤー イーグルレヴスペックRS-02

『EAGLE REVSPEC RS-02』はスポーツカーやスポーティセダンに対して、卓越したハンドリング性能やブレーキング性能を発揮することを重要視して開発されたタイヤだ。『EAGLE F1』と同じように、フォーミュラ・ワンのレインタイヤが起源のゲーターバックパターンを継承している。

グッドイヤー得意のV字型スリットが入った回転方向指定のトレッドパターンであるが、4本のストレートグルーブが排水性を高めている。センターリブの両サイドにレイアウトされた太い2本のストレートグルーブは、グルーブ内のアクアトレールが排水性をアップし、さらにウエット性能を高めているのだ。

いっぽうトレッドコンパウンドにはバイオトレッドに撥水シリカを採用し、ウエットグリップの向上も目指している。

このようにグッドイヤーEAGLE REVSPEC RS-02はドライグリップだけでなく、排水性やウエットグリップなど雨の日の走行安定性向上も忘れていない。

高速道路での直進性や応答性に影響があるセンターリブは、アローヘッドセンターリブと呼び、その名のとおり矢印型のリブになっている。しっかりした形状をもつそのリブによって、シャープかつダイレクトな応答感が期待できる。

スポーツカーでのハード走行時の対応もトレッドパターンに組み込まれている。それはショルダーブロックとミディアムブロックに刻まれたクーリンググルーブと呼ぶ三次元曲線の溝である。グリップアップのために大型になったブロックを分割することによって、サーキット走行などの過酷なスポーツ走行時に高い放熱効果が期待でき、長時間にわたって安定したグリップ力をもたらしてくれるのだ。

かなりハードに走りに振ったタイヤに見えるが、偏摩耗対策もトレッドパターン・デザインに織り込まれている。ショルダーブロックに回転方向に刻まれた細いタテ溝は、偏摩耗の抑制に効果があるという。シンプルなグルーブながら、ショルダーブロックひとつひとつの剛性バランスを整えてデザインされたものである。

EAGLE REVSPEC RS-02は思い切り走りを追求しているものの、ハイブリッドデザインなどにより、ウエット性能や耐久性などにも配慮された使いやすいタイヤに熟成されている。

IMPRESSIONPROFILEタイヤ徹底ガイドTOP

《こもだきよし》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集