ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ
  • ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ
  • ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ
  • ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ
  • ホンダ、フュージョン をマイナーモデルチェンジ
ホンダは、1986年の発売以来20周年を迎える、250ccスクーター『フュージョン』に、夜間での視認性を向上するマルチリフレクターヘッドライトを採用し、ハンドル形状など各部のデザインを変更して、3月31日より発売する。

今回、フュージョンはバックレストを装備した「タイプX」と、リアスポイラーを装備した「SE」の2タイプを設定。

マルチリフレクターヘッドライトを採用し夜間での視認性を向上、フロント・リアウインカーと「SE」のハイマウントストップランプにクリアレンズを採用した。

デザイン面では、リアトランク側面に新デザインの「Fusion」ロゴ、ミラーの取り付け位置をハンドル部に変更し、ハンドル形状の曲線をよりなだらかかつ幅広くし、よりスポーティーなイメージとしている。

カラーリングは、新色の「キャンディーエクストリームオレンジ」、「ピュアブラック」、「パールシーシェルホワイト」、「パールモデラートベージュ」の計4色。

●販売計画台数:5000台
●価格
フュージョン タイプX:55万6500円
フュージョン SE:57万7500円
《》

編集部おすすめのニュース

  • 1時間無料でオートバイ駐車促進---新宿サブナード駐車場 画像 1時間無料でオートバイ駐車促進---新宿サブナード駐車場
  • 自民党オートバイ議連、会長に逢沢一郎幹事長代理就任 画像 自民党オートバイ議連、会長に逢沢一郎幹事長代理就任
  • ホンダ、VFR にABSを標準装備して発売 画像 ホンダ、VFR にABSを標準装備して発売

特集