【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ

自動車 ニューモデル モーターショー

【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ
  • 【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ
  • 【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ
  • 【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ
  • 【シカゴモーターショー06】レクサス ES 新型、ウィンダム のゆくえ
新型レクサス『ES』がシカゴモーターショーで発表された。旧型とほぼ同じ全長に2インチ伸ばされたホイールベースの寸法で、ロングフード、プルバックキャビン、ショートリアデッキという「Lフィネス」デザインを表現。インテリア容積も初代『LS』(日本名『セルシオ』)とほぼ同等。

インテリアもES専用にプレミアムウッドとポリッシュドメタル、そしてレザーがふんだんに用いられ、後席用もプラスしたデュアルガラスサンルーフ、「マークレビンソン5.1サラウンドシステムなどをオプション装備する。

北米がメインで一部アジアと中近東へ輸出されるが、左ハンドルのみの設定のため、残念ながらこれまで日本国内仕様としていたトヨタ『ウィンダム』はカタログから消え、国内レクサスのラインナップに加わる予定もない。エンジンもV6のみで、カムリに採用されるハイブリッドシステムの投入も予定されていない。

米国内では4月に発売され、北米だけで年間7万台の販売を予定。『RX』(日本名トヨタ『ハリアー』)に次ぐレクサスブランド2番目の販売台数が見込まれている。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集