【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ

アメリカのモータートレンドを占うSEMAショーがラスベガスで開幕した。日系自動車メーカーとして初めて「ビークル・マニュファクチャラー・オブ・ザ・ショー」となったホンダは、会場内に50台以上のホンダ、アキュラのモデルを配置。

自動車 ニューモデル モーターショー
【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
  • 【SEMA05】最注目モデルはホンダ シビックSi だ
アメリカのモータートレンドを占うSEMAショーがラスベガスで開幕した。日系自動車メーカーとして初めて「ビークル・マニュファクチャラー・オブ・ザ・ショー」となったホンダは、会場内に50台以上のホンダ、アキュラのモデルを配置。

しかし何と言っても注目を集めたのは、初日のプレスコンファレンスで正式にベールを脱いだ『スポーツコンセプト・シビックSi』だ。SEMAショーのオフィシャル「カー・オブ・ザ・ショー」として本格的なデビューを飾った新型シビックSiは、ホンダブースでも一番台数が多く、レース仕様からストリートチューン仕様まで多様なカスタムモデルが並んだ。

中でも一際目を引いたのはSi誕生20周年を記念した「アニバーサリー・ホワイト・パール」にペイントされたカスタムモデル。プラス50mmのワイドボディにカーボンファイバー製エアロキット、左右を鮮やかな紅白で分けられた印象的なインテリアの他、ブレンボ製キャリパー、ノーマルSiよりさらに25mm下げられた専用チューンサスペンション、19インチホイールでカスタマイズされている。

12月1日に北米で販売開始されるSiは、9月に4ドアセダンと同時に登場した2ドアクーペに比べても足回り、排気音などにもこだわった「エンスージアスト向けの味付けが強調されたスポーティモデルだ。

4ドアセダンと比べ50mm短いホイールベースを持つ北米専用のシビック2ドアのクーペボディに、Si専用の197馬力を発揮する2.0リットル4気筒「i-VTEC」エンジンに6速MTとヘリカルタイプのLSDが組み合わされる。

ホンダはSiを単なる2ドアクーペのスポーツグレードとしてではなく、シビックシリーズを4ドアセダン、ハイブリッド、2ドアクーペ、そしてSiという4つのモデル編成による販売戦略を立てているという。

米国内で根強い人気を誇る「スポーツコンパクト」を代表するモデルだけに、正式発表の場としてスポコン系に注目度の高いこのSEMAショーを選んだものと思われる。残念ながらSiを含む2ドアクーペの日本国内発売は予定されていない。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集