【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表

自動車 ニューモデル モーターショー
【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
  • 【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
  • 【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
  • 【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
  • 【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
  • 【フランクフルトモーターショー05】キャンプジープでライトSUVを発表
フランクフルトにオフロードパーク“キャンプ・ジープ”が出現!! 2台の小型コンセプトSUVが御披露目された。12日、IAA(通称フランクフルトモーターショー)のプレスデイ初日、ジープは『パトリオット』と『コンパス』の2台のコンセプトSUVを発表した。

会場となったのは大量の土や丸太橋を持ち込んだ仮設オフロードパーク“キャンプ・ジープ”だ。アメリカのショーではお馴染となったこの大掛かりな舞台装置だが、ヨーロッパでは初お目見え。

パーク内を『グランドチェロキー』達が走り回る中、上空にクレーンで釣り上げられた「NOT FRAGILE(壊れ物ではありません)」と刻印された箱から飛び出して来たのは、グリーン・メタリックのペイントを施された2台の小型SUV。本格オフロード志向のスタイリングを持つのが『パトリオット』、ローダウンされた街乗りタイプのボクシータイプが『コンパス』だ。

どちらも現行『チェロキー』よりも小ぶりなボディサイズで、味付けを変えて異なる顧客層に訴えかける目論見。当面のライバルはトヨタ『RAV4』やホンダ『CR-V』といった日系コンパクトSUV。

現時点では新開発の2.4リットルのガソリンエンジンと2.0リットルディーゼルにCVTが組み合わされるとの発表しかないが、新規格のプラットフォームを用い、ほぼこのままのスタイリングで、2年後を目処に世界規模での市販化を計画している。
《ケニー中嶋》

編集部おすすめのニュース

特集