フィアットがフォードと提携、新型 500 を生産へ!?

自動車 ビジネス 企業動向
フィアットがフォードと提携、新型 500 を生産へ!?
  • フィアットがフォードと提携、新型 500 を生産へ!?
  • フィアットがフォードと提携、新型 500 を生産へ!?
  • フィアットがフォードと提携、新型 500 を生産へ!?
「フィアットの新パートナーはフォード?」…そんな情報が8日午後、欧州を駆け抜けた。発端は、イタリアの自動車誌『クアトロルオテ』のウェブサイトだった。それによると、フィアットは近い将来フォード・ヨーロッパと業務提携を結ぶ。

そして次期フォード『Ka』と共通のプラットフォーム上に、ニューモデル『500』を開発するというものだ。500のベースは、2004年ジュネーブモーターショーで発表された『トレピウノ』である。デビューは2007年で、工場は現行『パンダ』と同じポーランド工場が充てられるという。提携範囲は生産に留まる見通しで、資本関係は視野に入っていないらしい。

このニュース、2月にGMとの関係を清算したフィアットだけに、欧州メディアはいずれも「一条の光明」のようなニュアンスで報じている。自動車ファンとしても、発売を望む声が高かったトレピウノが「いよいよ?」ということで興味深い。

ただし歴史を紐解くと、フォードにとってフィアットとの関係には苦い過去がある。戦前、イタリア工場進出を計画したヘンリー・フォードは、フィアットの創業者ジョバンニ・アニェッリI世にあらゆる手段を使って阻まれた。

60年代末にはフェラーリ救済に関して、フォードとの交渉が決裂したのを尻目にフィアットが資本参加した。さらに86年のアルファロメオ買収合戦でも、先にフォードが話を進めていたにもかかわらず、最後の最後でフィアットが傘下に収めた。

世紀が変われば仲良く腕を組めるか。それとも過去の因縁を引きずるか。情報の行方に注目したい。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • 「フィアット・ショック」がイタリアを襲った! 画像 「フィアット・ショック」がイタリアを襲った!
  • 【ジュネーブモーターショー'04出品車】いえる?……フィアット『トレピウノ』 画像 【ジュネーブモーターショー'04出品車】いえる?……フィアット『トレピウノ』
  • フォード第2四半期、自動車部門赤字転落で大幅減益 画像 フォード第2四半期、自動車部門赤字転落で大幅減益

特集