【インプレ'05】両角岳彦 スバル『R1』 カタチばかりに捕らわれすぎた感がアリ

試乗記 国産車
【インプレ'05】両角岳彦 スバル『R1』 カタチばかりに捕らわれすぎた感がアリ
  • 【インプレ'05】両角岳彦 スバル『R1』 カタチばかりに捕らわれすぎた感がアリ
外観は「足を踏ん張っている」印象だが、走るとタイヤが地面をうまく踏みしめてゆかない。跳ねる動き強く、とくに前後方向に揺すられるピッチングが速くて多い。旧態化した骨格+足まわりの上にスタイリング優先の車体を乗せた『R2』はもともと走りが雑。それを単純に切り詰め、後輪を前に持ってきただけでは、揺れのリズム、運動性は悪化して当然。

そのいっぽうで、送り手の側も『R1』の乗り心地の雑さ、粗さは気になったようだ。角を丸めようとしたらしいが、スニーカー風なのに厚いゴム底の靴のように、当たりだけ妙にグニャグニャ、すぐ底突きして硬い突き上げが来る。しかもグリップも剛性も過剰なタイヤを履いてしまっている。

結局、商品企画側が「スバルのアイデンティティ」どころか「クルマとは何か」も理解しないまま、表面だけイジりまわしている印象強し。富士重工は、自分自身を深く見つめなおさないと、再生困難になりつつある。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★☆☆☆☆
パワーソース:★☆☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:☆☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集