【インプレ'05】津々見友彦 スバル『R1』 見ているだけで欲しくなる存在感

試乗記 国産車
【インプレ'05】津々見友彦 スバル『R1』 見ているだけで欲しくなる存在感
  • 【インプレ'05】津々見友彦 スバル『R1』 見ているだけで欲しくなる存在感
スタイリングの美しさは欧州車レベルだ。フロントのバランスのよさもさることながら、圧倒的にカッコいいのはリヤ。小憎らしいぐらい粋な感じにまとまっている。

インテリアデザインも大人びていて質感も高い。プラス2のリヤシートだが、その気になれば大人も座れる。もっともニースペースは狭く、短距離限定ではあるが。

操縦性はなかなかしっかりしていて、リニアな感じの味付け。電動パワステもかなりのレベルでまとまっているが、もっとも直進付近から切り出したときの応答がもう少しあるとさらにいい。

動力性能もこのクラスとしては不満がない。CVTとのマッチングもよくスムーズに走れ、違和感がない。0-400m加速の雰囲気は21秒台でこのクラスとしては軽快。市街地では普通車と混じってもストレスなく走れるだろう。

乗り心地は基本的に悪くない。多少硬め感もあるが気になるほどではない。ちょっと欲しくなるお洒落なコミューターだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集