【インプレ'05】木下隆之 マツダ『プレマシー』 新鮮に感じるノッシリ感

試乗記 国産車
【インプレ'05】木下隆之 マツダ『プレマシー』 新鮮に感じるノッシリ感
  • 【インプレ'05】木下隆之 マツダ『プレマシー』 新鮮に感じるノッシリ感
カラクリシートがウリの『プレマシー』。庶民派3列シートミニバンにしては、重量感があるのが特徴だ。

ステアリングの操舵感やフットワークには、どこか手ごたえがある。軽々しい印象はなく、ノッシリと走るのだ。その意味では、奥様用のミニバンというより、男性向けなのかもしれない。といっても、速いわけじゃないけどね。

エンジンには個性がないけれど、このノッシリ感が、ヒラヒラと危うく走るミニバン勢の中にあって新鮮に映るのかも……。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


木下隆之| モータージャーナリスト
プロレーシングドライバーにして、大のクルマ好き。全日本GT選手権を始め、海外のレースでも大活躍。一方でカー・オブ・ザ・イヤー選考委員歴は長い。「ジェイズな奴ら」を上梓するなど、作家の肩書きも。
《木下隆之》

特集

おすすめのニュース