【ホンダF1】バトン、個人的にウィリアムズに賠償額提示

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ホンダF1】バトン、個人的にウィリアムズに賠償額提示
  • 【ホンダF1】バトン、個人的にウィリアムズに賠償額提示
昨年の移籍問題の際に2006年からのウィリアムズ入りにサインしたと伝えられるジェンソン・バトン。

今シーズンはともに苦戦を強いられているウィリアムズとB・A・Rだが、ウイリアムズは来年コスワース・エンジンを採用する見込みが高く、大きな飛躍は期待できないとあって、バトンはB・A・R残留を強く希望しているらしい。

そこでバトンは個人的に350万ドルの賠償金をウィリアムズに提示しているという。

だがフランク・ウィリアムズ代表は、彼自身が6年前にF1のチャンスを与えたバトンに執着していると伝えられているため、すんなり解決とはいかない模様。

また先日はB・A・Rがバトン引き止めのために900万ドルとテストドライバーのアンソニー・デビッドソン起用をオファーしたとの情報が流れたが、チームはこれを否定している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集