ETCの普及・利用状況…前週比ダウン

自動車 テクノロジー ITS

7月21日現在のETCの普及・利用状況の速報が国土交通省道路局から発表された。それによると、全国の1日あたりの平均利用率は42.7%と、前週よりも2.6%も利用率がダウンした。

道路公団別に見ると、日本道路公団が41.9%と前週よりも2.8%、首都高速道路公団が前週よりも1.5%、阪神高速道路公団が37.8%と前週よりも1.0%、本四連絡橋公団が43.9%と前週よりも6.1%とそれぞれ大幅にダウンした。

今回のETC利用状況の調査期間は、7月15日−21日で、16日−18日は3連休。前回の連休のときも同様に大幅ダウンだったことを考えると、法人が休みのときはETC利用率が下がる傾向にある。

7月20日現在で、ETC車載器のセットアップ台数は約26万台。7月末には6月とほぼ同数になる可能性が高くなってきた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集