日野第1四半期連結決算…営業利益半減

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車が発表した2005年度第1四半期(4−6月期)の連結決算は、売上高が前年同期比7.8%増の2674億円と増収だったものの、営業利益は同49.4%減の43億円と大幅減益になった。

販売台数では、海外向けが同2.0%減の1万1313台とマイナスだった。国内の普通トラック市場は、同社が強い東海・近畿地区で代替え需要が発生したことから、国内販売が同4.8%増の1万342台だった。トヨタからの受託車は『ダイナ』/『トヨエース』1.5トン車や『ライトエース』/『タウンエース』が加わったため、同17.1%増の6万5044台と大幅に増加した。このため、売上高は好調だった。

しかし、海外投資の増加、原材料の高騰などで営業利益は前年同期の半減となった。経常利益も同45.0%減の48億円dった。当期純利益は前年から固定資産減損会計を早期導入したため、前年同期の2.5倍の63億円だった。

2006年3月期決算見通しの修正は行っていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集