【インプレ'05】河村康彦 日産『ノート』 現代に解釈された“セダン”のカタチ

試乗記 国産車

【インプレ'05】河村康彦 日産『ノート』 現代に解釈された“セダン”のカタチ
  • 【インプレ'05】河村康彦 日産『ノート』 現代に解釈された“セダン”のカタチ
自ら『ティーダ』のマーケットを食ってしまいそうなキャラクターの接近ぶりが引っかかるけれど、価格を考えるとコストパフォーマンスの高さが光る一台。

リアドアはもう少し大角度で開いて欲しいものの、居住空間は大人4人にじゅうぶん。リッド部分にA4サイズのブックポケットを設けるとともに内側には小物を固定できるバンドを備えるなど、グローブボックスはその容量の大きさとあわせ、細かな工夫がアイディア賞もののデザイン。深いサブトランクを備えたラゲッジスペースも使いやすく、全般には「これが“今風のセダン”」という印象。

1.5リッター・エンジンとCVTの組み合わせは、期待以上に活発な加速力を味わわせてくれるが、両サイドが垂直に近いボディのプロポーションゆえか意外に横風の影響を受けやすいことと、相変わらず中立付近での落ち着き感が甘く、速い転舵では大きなイナーシャを感じる日産車らしい(?)電動パワステのフィーリングが残念。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集