【インプレ'05】松下宏 スバル『R1』 小さいなりにまとまった走り

試乗記 国産車

【インプレ'05】松下宏 スバル『R1』 小さいなりにまとまった走り
  • 【インプレ'05】松下宏 スバル『R1』 小さいなりにまとまった走り
『R1』の搭載エンジンは自然吸気の4気筒DOHC。40kW/63Nmのパワー&トルクは軽自動車として平均的なものだが、コンパクトなボディで車両重量が800kgと軽いので、動力性能に関してはとくに不満を感じない。むしろi-CVTとの組み合わせで24km/リッターの低燃費を実現した点が注目される。

CVTによる走りの滑らかさがもうひとつのポイントだ。とくにR1ではCVTにありがちなエンジン回転と車速との関係の違和感もほとんど解消されている。このあたりの熟成が進んだのがR1の長所でもある。

エンジンの環境性能は★★★で、燃費も平成22年度燃費基準+5%を達成しているので、一応はグリーン税制の適用を受けられる。

R1は『R2』に比べるとホイールベースが短縮されたが、これによる乗り心地への影響などもうまく抑えられている。ホイールベースが短いと、どうしても縦揺れが大きくなるし、直進安定性も悪化するのだが、試乗したR1ではそうした不利をあまり感じさせなかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集