【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】エキセントリックな…

自動車 ニューモデル 新型車

【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】エキセントリックな…
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】エキセントリックな…
  • 【アストンマーティン V8ヴァンテージ 日本発表】エキセントリックな…
アストンマーティン(アストンマーチン)『V8ヴァンテージ』のシャーシは完全な新開発。ボディはオールアルミ製で、電気溶接ではなく、航空機製造でよくみられる、接着剤によるボディワークを特徴としている。

ボディサイズは全長4382×全幅1866×全高1255mmと、高性能GTスポーツとしてはかなりコンパクトで、車重もV8エンジンを搭載しながら1570kgと、きわめて軽量に仕立てられている。

サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン。一般の乗用車にみられるタイプと異なり、ボールジョイントを多用した、レーシングカー用のものに似たレイアウトだ。

エンジンルーム内を見ると、ストラットタワーがV8エンジンのブロック近くまで迫っており、ウィッシュボーンをはじめとするアームの自由長が十分に確保されていることがわかる。

ロール時の変位が少ないサスペンション、前1568mm、後1562mmというスクエアかつ広大なトレッドにより、前235/45R18、後275/35R19のポテンザをサーキット路面に効率的に押しつけることができるという。

V8ヴァンテージ:6月30日に日本発表・発売。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集