ゴールデンウイーク、ETCの利用率はダウン

自動車 テクノロジー ITS
ゴールデンウイーク(4月29日−5月5日)中のETCの普及・利用状況の速報を、国土交通省道路局が発表した。全国の1日当たり利用率は30.6%と、前回発表よりも9.3%もダウンさせた。

道路公団別に見ると、日本道路公団が29.6%と前回よりも10.3%、首都高速道路公団が38.6%と前回よりも6.8%、阪神高速道路公団が27.5%と前回よりも4.4%、本四連絡橋公団が29.4%と前回よりも15.6%、それぞれ大幅にダウンさせた。

ゴーデンウイークで、トラックなど事業関連のクルマが動かなかったのが、今回の大幅減少の要因となった。

関越自動車道で5月3日朝、50km近い渋滞があったがそのほとんどが乗用車。利用率が低下したのは、ETC非搭載車も高速道路を利用したことになる。それを考えると、個人ユーザーへの普及がETCにとって課題ということになるだろう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ETC利用率が全国40%目前 画像 ETC利用率が全国40%目前
  • 4月末のETCのセットアップ、累計およそ670万台 画像 4月末のETCのセットアップ、累計およそ670万台
  • 【ITSの明日はどっちだ】宴の後の構造問題、世界が失笑 画像 【ITSの明日はどっちだ】宴の後の構造問題、世界が失笑
  • ETCトラブルの報告書をJHが国交省に提出 画像 ETCトラブルの報告書をJHが国交省に提出

特集