【インプレ'04】日下部保雄 日産『ティーダ』 安心感のある心地よいキャラクター

試乗記 国産車
【インプレ'04】日下部保雄 日産『ティーダ』 安心感のある心地よいキャラクター
  • 【インプレ'04】日下部保雄 日産『ティーダ』 安心感のある心地よいキャラクター
『ティーダ』の特徴は、広いキャビンとデザインされた室内空間だ。インテリアは最近の日産トレンドに従って、整理されつつモダンインテリアの概念を積極的に取り入れて、安心感のある空間を形成している。

また後席の広さは特筆モノで、日産のトップクラス『シーマ』に匹敵するレッグルームを誇る。さすがに全幅は5ナンバーサイズなのでシーマほどではないが、じゅうぶんに広いのは変わりはない。後席は前後に大きくスライドできるので、さらにラゲッジルームとの使い方を幅広く活用できる。

エンジンは新開発で日産らしい硬質な回転フィールを持っており、トルクカーブは比較的フラットでパワフルな印象。CVTとの組み合わせも妥当なもの。変速は滑らかで発進時の違和感もない。

ハンドリングは破綻のないものだが、高速の安定感などはもう少しフロントの接地感が高いと好ましいフィーリングになると思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。
《日下部保雄》
【画像】【インプレ'04】日下部保雄 日産『ティーダ』 安心感のある心地よいキャラクター(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース