【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット
  • 【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット
  • 【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット
  • 【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット
  • 【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット
市販モデルとしてはパナソニック初の2DINタイプとなる『HDS930』がデビューしたことにより、ストラーダのハイエンドモデル「F-CLASS」は機能そのままにオンダッシュモニター(HDS900)、インダッシュモニター(HDS950)、そして2DIN-AVNと、すべての形状が揃ったことになる。

収納時の見栄えを考えてインダッシュモニターを選ぶ人が最近は多いが、シフトノブが干渉したり、モニターがエアコンの吹き出し口を遮ってしまったりするため、これが原因でインダッシュモニターを取り付けられないというクルマはまだまだ多い。

最近デビューしたクルマでも、こういった干渉問題に遭遇するものが多いのは困ったものだが、これはメーカーオプションとして用意されるタイプはインパネ一体のモジュール型であるとか、2DIN-AVNが主流となっている。タッチパネル化することコンソール表面のボタン類を減らすという狙いもある。

HDS930は2DIN-AVNなので、純正ナビと同様にセンターコンソールと一体化した取り付けが可能だ。これまでのストラーダ「F-CLASS」と同様に、タッチパネルとリモコンのどちらでも操作ができるという点も変わらない。

2DINサイズに合わせる必要があったため、モニターサイズは6.5v型となったが、VGAの画質は「素晴らしい」のひとこと。描写が細かいので複雑な形状の交差点などでも迷うことなく目的地に向けて進路を取ることができる。

メーカー純正でVGAの画質をもつナビが設定されているのは一部の高級車に限られるし、地図用のメディアとして使用しているのもDVDが今も主流だ。HDD方式を採用した2DIN-AVNであること。DVDをはじめとしたオーディオフルメディアに対応するだけではなく、デザインにもこだわりをみせるモデル。それらの条件をすべて満たすのは、このHDS930だけだ。

自分のクルマに合うナビがない…と、お困りのアナタ。HDS930の購入を検討してみてはいかがだろうか。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース