【インプレ'04】松下宏 日産『ティーダ』 快適さを最重視した新世代コンパクト

試乗記 国産車
【インプレ'04】松下宏 日産『ティーダ』 快適さを最重視した新世代コンパクト
  • 【インプレ'04】松下宏 日産『ティーダ』 快適さを最重視した新世代コンパクト
大きめのドアは乗り降りがしやすく、乗り込むとゆったりサイズのシートが迎えてくれる。太股を支える部分が出っ張りすぎるような気もするが、座り心地は悪くない。ただ、サイズを大きくしたために操作系が左側に設けられたのは必ずしもよいとはいえない。慣れの問題もあるだろうが、操作しにくい。

新開発のMR20DE型エンジンは中低回転域のトルクに特徴があり、低回転で走る市街地などは快適そのもの。変速ショックのないエクストロニックCVTと組み合わされることも、滑らかな走りの理由である。CVTの持つ独特の違和感はなくなってはいないが、うまく抑えられている。吹き上がりのスムーズさもまずまずで、アクセルを踏み込んでいったときの加速感にも不満はない。

全体に柔らかめの乗り心地で、角の取れたサスペンションフィールは好感の持てるもの。コーナーではそれなりにロールするが安定性に関しても不満のないレベルに仕上がった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》
【画像】【インプレ'04】松下宏 日産『ティーダ』 快適さを最重視した新世代コンパクト(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース