【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽

自動車 ニューモデル 新型車
【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽
  • 【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽
  • 【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽
  • 【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽
  • 【もうひとつのBMW】F650 CSスカーバー…意外なほどに身軽
単気筒エンジン、いわゆるシングルシリンダー・バイクの特徴は、車重が軽く、車体がスリムで取り回しがラクなこと。

もちろん『F650CS Scaver』(スカーバー)も扱いやすいのだが、BMWらしさを重厚感と認識している人には、どこかモノ足りないかもしれない。そういう人には肩すかしを食らってしまったようなフィーリングだ。

低めに設定されたシートに跨り、スッと手を伸ばす。すると、近すぎず、遠すぎない自然な位置にハンドルが現れる。なにか違う。気を取り直してクラッチミート。またもや、あっけなくスルスルと動きだしてしまうのだ。これはほかのBMWではあり得ないこと。

ボクサーエンジンは少なくなったとはいえ、特有の振動を意識させられるし、後述の『K1200GT』にしても、300kgに迫る車重からくる低速域でのシビアな動きが顔を出す。

これらを制圧しつつ乗りこなすこと。ストイックさを喜びとして感じる既存のBMWユーザーとは対極に位置するのが、スカーバーが狙っているユーザー層。初めてBMWを体感する人にとっては、この自然な流れはすんなりと体に馴染んでいくだろうし、なによりも気軽。

バイクライフを積極的に楽しもうとするとき、足かせになるものがないことは、何よりも代え難いアドバンテージになる。チェーンの変わりにBMW唯一のベルトドライブ方式を採用するなど、メンテナンスフリー化を図っていることも歓迎すべきポイントだ。

ABSやキャタライザーを標準で装備しながらも、国産ビッグバイクに近い車両価格で購入できることも大きな魅力だ。
《西村直人@NAC》

編集部おすすめのニュース

特集