【インプレ'04】斎藤聡 ヒュンダイ『JM』クルマとしての実力は国産車なみ

試乗記 国産車
【インプレ'04】斎藤聡 ヒュンダイ『JM』クルマとしての実力は国産車なみ
  • 【インプレ'04】斎藤聡 ヒュンダイ『JM』クルマとしての実力は国産車なみ
いや〜最近の韓国車、頑張ってます。そんな第一印象。際立つ個性とか、飛びぬけた性能といった、JMを積極的に買う理由ってのはまだ希薄な気がするのだが、2.7リッターを選べばけっこう元気に走る。

フル加速のときのノイズは大きいけれど、高速巡航でアクセルを一定にしていると案外静か。4WDのセンターデフロックも付いていて、悪路走破性もなんちゃって4WDかはらは確実に1歩踏み出している。

何より価格が安いのは大きな目玉。これまで日本車が得意としていた「安くて性能のいいクルマ」が、もうちょっとすると韓国車に取って代わられるのでは? と思うほど品質がよくなってきている。もちろん昔に比べればってことだけど…。でも実力をつけてきているのは確か。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


斎藤 聡| 走り屋系ライター
軽自動車からスポーツカー、果ては1000psのチューニングカーまでレポート。またセーフティ・ドライビング・スクールや、サーキット走行会のインストラクターも勤める。一見強面だがじつは気さく(とは本人の弁)。
《斎藤聡》

特集