【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
  • 【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
  • 【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
  • 【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
  • 【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
  • 【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】新型はふたつのカオ
11月29日にダイハツから発表・発売された2代目となる新型『ミラジーノ』の上級グレードには、先代にもラインナップされた、「ミニライト」と呼ばれるグレードがある。

ミニライトとは初代『ミニ』(ローバー)で人気を集めたホイールの名前で、初代ミニを強く意識した初代ミラジーノにも標準採用されていた。

後に初代ミラジーノでは、専用インテリアなどを採用した、「ミニライトスペシャル」というグレードに進化し、人気グレードとなっていた。新型ではミニライトは最上級グレードとして設定され、内外装ともにスポーティなモデルに仕上げられている。

新型ミラジーノのミニライトには、15インチのミニライトホイールはもちろん、専用のフロントメッシュグリルやエアロバンパー、サイドスカート、ディスチャージヘッドランプなどが標準装備されている。

インテリアもブラック基調としたシックな色合いに仕上げられており、スポーティな雰囲気が漂う。ステアリングはMOMO製の革巻き3本スポークを採用し、メーターもタコメーターを付きの2眼メーターを装備。インパネの色合いも、標準のシルバーからガンメタに変更されている。

エンジン自体は1種類しかないので標準車と変更はないが、足回りは唯一15インチタイヤ装着していることで、走りに多少の違いは出ているだろう。軽自動車ユーザーは3人に2人が女性というデータがあるが、ミニライトなら男性が乗っても似合うだろう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集