【インプレ'04】両角岳彦 アウディ『A6』 正常進化の度合い高いインテリア

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 アウディ『A6』 正常進化の度合い高いインテリア
  • 【インプレ'04】両角岳彦 アウディ『A6』 正常進化の度合い高いインテリア
室内に収まると、人を包み込む空間の構築、インテリアの質感表現とも、先代を基本に細部を煮詰めたことが伝わる。

情報系インターフェイスは『A8』譲りで使い勝手は良。

少し硬めで締まった感触の足は最近のアウディ流。とくにV6クワトロは4輪のグリップ・バランスがよく、4輪が路面を蹴る感触と合わせてフットワークのポテンシャルは高い。V8は頭が重くバランス崩れる。

弱点はA8ほどではないが車速応動がきつすぎるPSとエンジン(V6は直噴・軽負荷希薄燃焼=選択の誤り、V8は力感と質感不足)。A8より走りの机上論的演出が過剰でなく、商品性追求過多のライバルたちよりは、クルマとしてまとも。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集