【インプレ'04】両角岳彦  日産『ムラーノ』 カタチだけでなくクルマの本質を見せてほしい

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦  日産『ムラーノ』 カタチだけでなくクルマの本質を見せてほしい
  • 【インプレ'04】両角岳彦  日産『ムラーノ』 カタチだけでなくクルマの本質を見せてほしい
スタイリングは意思決定の転換がすぐに現れるが、自動車全体の作り込み、走りの仕上げは一朝一夕には良化しない、というゴーン体制下の日産商品の弱点がそのまま現れている製品。

室内空間構築は粗く、ステアリングの位置、径から不適。シートも雑で、後席着座姿勢は後傾しすぎ。米国仕様の走りは惨憺たるものだったが、日本仕様はタイヤを1サイズ細くし、ダンパーなどを見直して多少修正。でも上下に揺すられ続け、進路維持の精度低い。旋回挙動だけは良。

エンジンはトルク不足、CVTもまずは変速という日産的プログラムで、右足への追従はルーズ。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集