【インプレ'04】両角岳彦 BMW『1シリーズ』 過剰エンジニアリングが定石だと思われる形跡アリ

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 BMW『1シリーズ』 過剰エンジニアリングが定石だと思われる形跡アリ
  • 【インプレ'04】両角岳彦 BMW『1シリーズ』 過剰エンジニアリングが定石だと思われる形跡アリ
骨格と足まわりは全面新開発だが、ダブルジョイント・ロワアームは摩擦過大と転舵軸のずれが、舵のすっきりした感触を失わせ、リアのマルチリンクは細かな横揺れ、進路乱れを生み、旋回の中では踏ん張りが微妙に不足。そつなくまとめているので、粗い評価者は誉めるだろうが…。BMWとしては雑味が多い。

次期『3シリーズ』まで考えても、過剰エンジニアリング。最近、BMWは他社が十数年前に過ぎた複雑技術(困難も多い)の導入に走っているが、彼らの美点を失う危険性も大きい。

今日最良のはずの直4も力感が薄めだが、変速比設定ゆえか?  着座設定、居住空間はここ2代の3シリーズと相似。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集