【インプレ'04】両角岳彦 スズキ『アルト』 売れ筋グルマゆえのお手本がほしい

試乗記 国産車

【インプレ'04】両角岳彦 スズキ『アルト』 売れ筋グルマゆえのお手本がほしい
  • 【インプレ'04】両角岳彦 スズキ『アルト』 売れ筋グルマゆえのお手本がほしい
床に近くペタンと座ると頭上20cm以上も空間が残る…など「小さな外形の中にじゅうぶんな居住空間」を真摯に追求した形跡皆無。「天井が(無駄に)高い軽が売れているから」だけの商品企画。シート、安全設計などもきわめて粗雑。

十数年使い続けている基本機構、とくにサスペンションの能力の限界は明らかなのだが、コスト削減最優先ゆえに今回も手を入れず。逆にこの機構には無理な「柔らかさ」を要求した結果、緊急回避では危険な挙動が出るし、普通に走っても不安感がある。

日本でもっともベーシックなクルマ」を安直に作ってはいけない。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★☆☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★☆☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集