【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ

自動車 ニューモデル 新型車

【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
  • 【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
  • 【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
  • 【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
  • 【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
  • 【アウディ A3スポーツバック試乗】その1 斬新!迫力満点のコンパクトハッチ
今年9月、私はパリサロン取材後、ドイツに立ち寄った。そこで、自動車メーカー数社の開発担当者に出会う機会があった。すると、彼らとハナシの中で同じフレーズが何度も出てきた。「最近、アウディがいい」。走りの奥深さ、インテリアの仕上がりなど、EU内でアウディの「作り込み」に対する評価がとても高いのだ。

そのアウディ、日本でのラインアップがさらに充実した。それが、『A3スポーツバック』だ。けっして、“A3の5ドア”ではない。リアオーバーハングを伸ばしたCピラー周辺デザインは、A3スポーツバック専用デザインだ。その“バック”フォルムがとても“スポーティ”。だから、“スポーツバック”。単純に、らしい名前にした、と思ってもらっては困る。その実力、究極の走りは、のちほどゆっくりご紹介する…。

さて、ボディデザインで気になるのは、やはりこの顔。『A6』、新型『A4』(日本未発表)と並び、アウディの新アイデンティティとなった“シングルフレームデザイン”。5ドア車にこの顔だと、ちょっと重い感じがするのでは? と思われるのは当然。が、実車を目の前にしてみると、これがじつにいい。斬新さとエレガントがちょうどいいところでブレンドされているのだ。しかも、押し出し感という以上に、この顔には迫力がある。

だから、今回の試乗の最中、東名高速の追い越し車線を走っていると、「あれ、高そうな新型アウディだ…」とバックミラー内で思ったのだろうか、前方を走行するクルマたちが次々に道を譲ってくれる。そういえば、ドイツでは最近、アウトバーンの追い越し車線での「アウディ走行率」が急激に上がっているという。以前は、「BMW走行率」が高かったが、最近の「アウディの迫力」に、ドイツ人たちも圧倒されているようだ。日本の道でも、アウディが、しかもA3スポーツバックが幅を利かせるようになることは、間違いない。(つづく)
《桃田健史》

編集部おすすめのニュース

特集