【インプレ'04】松下宏 アウディ『A6』 スポーツプレミアムサルーンの最右翼

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏 アウディ『A6』 スポーツプレミアムサルーンの最右翼
  • 【インプレ'04】松下宏 アウディ『A6』 スポーツプレミアムサルーンの最右翼
高品質のクルマ作りで定評のあるアウディが、さらに一歩踏み出してスポーティな高級車として作り上げたのが今度の『A6』。アグレッシブなフロントデザインなどは、そのスポーティさを象徴するものだが、これまでのアウディとの違いがあまりにも大きく、違和感を拭えない。

試乗したのはV型6気筒3.2リッターの直噴とV型8気筒4.2リッターエンジンを搭載したモデルで、いずれもアウディならではのフルタイム4WD。ボディが大きくなったことと合わせて車両重量はかなり重いのだが、大排気量のV6とV8は余裕じゅうぶんの動力性能を示してくれる。4WDであることの安心感を含めた走りの質感という点では大いに満足できるクルマだ。

車格や排気量、装備などが向上したぶんだけ価格帯も高くなり、3.2FSIクワトロで700万円という価格は、これまでのA6ユーザーが簡単に代替できるクルマではなくなった印象。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集