【インプレ'04】松下宏  ヒュンダイ『JM』 “いいもの安く”的な購入層にぴったりの一台

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏  ヒュンダイ『JM』 “いいもの安く”的な購入層にぴったりの一台
  • 【インプレ'04】松下宏  ヒュンダイ『JM』 “いいもの安く”的な購入層にぴったりの一台
日本市場で苦戦を続けるヒュンダイ自動車が、局面を打開するためのクルマとして投入した小型クラスの都市型SUV。2年振りの新型車ということで気合も入っているが、最近の日本ではSUVのブームが鎮静化しているのが難しいところ。

外観デザインは新鮮さとヒュンダイらしさがうまく表現されており、インテリアもほかにはない独特のデザインでまとめられている。素材感や作り込みの精度なども含めて、全体に品質感が向上しているのがはっきりわかる。

2WD車に搭載される2リッターエンジンは平均的な動力性能でその走りはとくに印象的なものではないが、4WD車用の2.7リッターエンジンはボディに対して余裕があり、SUVの重量ボディをぐいぐい引っ張っていく。ATはマニュアル操作が可能なタイプだが、だからこそ4速ではなく5速が欲しいところである。

日本車に比べたら20万〜30万円くらい安く買えるのは大きな魅力。ブランドにこだわらず割安なクルマを買うという選択はじゅうぶんにあると思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集