【インプレ'04】松下宏  フィアット『パンダ』 イタリアの個性が身近な価格で楽しめる

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏  フィアット『パンダ』 イタリアの個性が身近な価格で楽しめる
  • 【インプレ'04】松下宏  フィアット『パンダ』 イタリアの個性が身近な価格で楽しめる
直線的なボディラインの中に、曲線を描くサイドウインドのラインを織りまぜた外観デザインはいかにも特徴的。全体に角張った感じのボディで独特の背の高いパッケージングを採用するのはいかにもパンダらしい。乗車定員は無理することなく4名乗車だが、そのぶんだけ後席の乗員もゆったり座れる。

搭載される1.2リッターエンジンの動力性能は平凡なもので、これといって特筆すべき点はない。ただ、車両重量は1トンを切っており、5速のシーケンシャルトランスミッションと組み合わせるとけっこう元気よく走らせることができる。ATモードでは変速時のトルクの抜けというかタイムラグが気になるので、なるべくならマニュアルモードで走らせたい。

今どきのクルマとしては13インチの80タイヤというのはいかにもチープな印象。安定性に大きな不満を感じるワケではないが、何となく心細い感じになるのも確か。個性的なデザインが手ごろな価格で買えることを重視して選ぶクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集