【インプレ'04】河村康彦 フィアット『パンダ』 乗り手に寛容さを求めるキャラクター

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 フィアット『パンダ』 乗り手に寛容さを求めるキャラクター
  • 【インプレ'04】河村康彦 フィアット『パンダ』 乗り手に寛容さを求めるキャラクター
従来のパンダとは“似ずに非なり”ではあるが、コンパクトサイズゆえの扱いやすさという点のみには何とか共通項が見出せる。

右ハンドル仕様ながらドラポジも何とかOK。円柱状デザインのセンターパネル部に軽く左足が触れるが、それもレッグレストと考えれば気にならない。全幅の小ささゆえ室内も幅方向にややタイトな印象だが、サイズアップで日常の取り回し性が低下してしまうよりはずっとマシ。

“手巻き”式のリアウインドウは日本の常識ではもはや「乗用車にあらず」と受け取られそうだが、実際の使用頻度を考えれば意外に気にならないという人も多いはず。

エアコンが作動するとメカ音の高まりが目立つが、静粛性全般は望外に優れている。2バルブSOHCのエンジンが放つフィーリングはさすがに非力でもはや古臭い。

2ペダル式なれどトランスミッションはあくまでMT。慣れとMT流アクセルワークが必要だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★☆☆☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集