【ホンダ レジェンド新型発表】高級セダンに求められる「こだわり」を満たす

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ レジェンド新型発表】高級セダンに求められる「こだわり」を満たす
  • 【ホンダ レジェンド新型発表】高級セダンに求められる「こだわり」を満たす
  • 【ホンダ レジェンド新型発表】高級セダンに求められる「こだわり」を満たす
トヨタ『クラウン』や日産『フウガ』などライバルが大きな変化を遂げてくるなかで、新型ホンダ『レジェンド』は、高級セダンに対して高まる「こだわり」を満たすための開発に時間をかけたという。

本田技研工業営業開発室商品企画ブロックチーフ青山真砂樹氏は、現状の高級セダン市場は依然として厳しい状況にある、という。

青山氏は、とくに輸入車や、「トヨタ」「クラウン」といったブランドに対して存在する固定客の存在をあげ、何でもよいという客はなく、「こだわり」を持ったお客へのアピールが無ければいけないと語る。そこで、ブランドアイデンティ=「ホンダらしさ」が重要となってくる。

青山氏によると、「ホンダらしさ」とはまず乗っていて楽しいこと、さらには技術だという。レジェンドでは高価格に見合う技術、ホンダにしかない技術が搭載された。その技術を運転の楽しさと結びつけ、「非日常性」やハンドルを握り意のままに操る楽しさを提案している。

「走り」に対する価値付けは各社新型車によく見られるが、「ホンダらしさ」という点について青山氏は「タイプR」から『NSX』にまで共通しているのは、クルマを意のままに操る「ハンドリング」と語る。そのドライビングプレジャーを継承し、同時に上品さを両立したのが新型レジェンド、という。
《》

編集部おすすめのニュース

特集