【インプレ'04】河村康彦 ヒュンダイ『JM』 クルマの基本的機能はじゅうぶんなのだが…

試乗記 国産車

【インプレ'04】河村康彦 ヒュンダイ『JM』 クルマの基本的機能はじゅうぶんなのだが…
  • 【インプレ'04】河村康彦 ヒュンダイ『JM』 クルマの基本的機能はじゅうぶんなのだが…
一連の“無印良品”的ラインナップの例に漏れず、このクルマもまさに「道具としてはそれなりだけど、個性や趣味性はさっぱりね…」という一台。

自らの国内にあり余る製品ラインナップと生産能力を携え、しかも世界に冠たる低価格でそれが手に入るのが日本という国…となれば、韓国製としては日本市場で成功をした白物家電たちのように、やはりさらなる低価格戦略で攻め入るというのがやはり正攻法になるのか。

“舶来モノ”に対して過剰なほどの個性とブランド性を求めがちな日本の自動車マーケットには、韓国車をいわゆる『ガイシャ』というノリで販売できそうな時期は、まだ当分やってきそうにない。

というわけでの『JM』は、4気筒のFWDモデルも6気筒の4WDモデルも「道具として使うには何の不足も不満も感じない」という仕上りぶり。

ただし、どうしてもホンダの変種(?)と受け取られそうなエンブレムのデザインは、日本では絶対変えるべきでは?

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

特集