【ホンダ レジェンド新型発表】300馬力は決して数字を追い求めたわけではない

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ レジェンド新型発表】300馬力は決して数字を追い求めたわけではない
  • 【ホンダ レジェンド新型発表】300馬力は決して数字を追い求めたわけではない
  • 【ホンダ レジェンド新型発表】300馬力は決して数字を追い求めたわけではない
新しい『レジェンド』にまつわるひとつのニュースが、国産メーカーの国内販売モデルとしてはじめて280馬力をオーバーするエンジンを搭載したことだ。

しかし、「300馬力というエンジン出力は決してスペックを求めた結果ではない」とLPL(開発責任者)をつとめた本田秘術研究所上席研究員の齋藤政昭氏はいう。
 
「新しいレジェンドは、北米でアキュラ『RL』として発売するモデルです。そのアキュラRLが、世界でも通用する性能を考えたときに、エンジン出力は300馬力くらいが妥当だと考えました。それで、アキュラRLは300馬力を目標に開発してきたのです」

「とうぜん新しいレジェンド(日本仕様)の本来の姿も300馬力ということです。レジェンドを日本で発売するにあたって、アキュラRLと細部の違いはあっても基本部分では本来の姿で発売したいと考えました」

「そんなとき、ちょうど280馬力の枠がなくなりました。だから、レジェンドを本来の姿である300馬力で発売するのは自然な成りゆきなんですよ」

ちなみに、搭載する「J35A」型エンジンは新型レジェンドに搭載するにあたり構成部品の約70%を新設計している。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集