【インプレ'04】熊倉重春 フィアット『パンダ』 初代パンダというよりウーノの生まれ変わりだ

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 フィアット『パンダ』 初代パンダというよりウーノの生まれ変わりだ
  • 【インプレ'04】熊倉重春 フィアット『パンダ』 初代パンダというよりウーノの生まれ変わりだ
みんなも覚えているように、初代の『パンダ』はクルマの原点を直撃する傑作だった。「ハコの四隅に車輪を付ける」のがすべての基本なのだから。

そんな名前にとらわれて新型パンダを眺めるだけでは正体を見誤る。サイズや使い勝手、なんとなくウキウキしてしまう雰囲気など、これはパンダというより、むしろ『ウーノ』の再来だ。

ちまちま細かいことにこだわらず、ササッと一気に描ききった勢いこそ魅力の素。ダッシュボードなど、素直にプラスチックのチープ感を出したあたりに独特のセンスも漂う。とにかく細部にケチをつける前に全体がガバッと目に飛び込んで来るのが、半端じゃないデザイン力の証拠だ。

もちろん走りは俊敏、パワーだってカタログデータの1.5倍はありそうに感じる。パシッときまるシート、さくさく操作が楽しいシーケンシャルMT、とにかく乗るだけで不機嫌も吹き飛ぶ「走るビタミン剤」。こんなクルマなら、毎日お出かけしたくなっちゃうのは確実だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集