【インプレ'04】下野康史 スズキ『アルト』 身近なクルマだから“白物家電”的なのか

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史 スズキ『アルト』 身近なクルマだから“白物家電”的なのか
  • 【インプレ'04】下野康史 スズキ『アルト』 身近なクルマだから“白物家電”的なのか
広報資料によると、『女性パワーが新型アルトを造った』んだそうだ。“ラパン”で味をしめた“スローライフ”なスタイリングや、アロマグッズにインスパイアされた中間色の新ボディカラーや、シートリフターを始めとする「運転しやすさ」の工夫といったところが、その成果らしい。

試乗したのは量販グレードの“G”だけだが、はっきりいって、ワタシにはわかりましぇん。乗っていて、これほど「白物家電」な感じがするクルマは初めてだった。

84万円って、安いのだろうか。少なくともクルマ好きには、心の琴線に触れるものがまったくないと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


下野康史| モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集