【インプレ'04】国沢光宏 マツダ『ベリーサ』 カタチだけでなく中身のしっかりしたクルマ

試乗記 国産車

【インプレ'04】国沢光宏 マツダ『ベリーサ』 カタチだけでなく中身のしっかりしたクルマ
  • 【インプレ'04】国沢光宏 マツダ『ベリーサ』 カタチだけでなく中身のしっかりしたクルマ
シートに座ると今までの日本車にはない雰囲気(フロントガラスまでの距離や天井が遠い)。イメージとしちゃ『MINI』に近い。マツダの開発陣に聞いてみたら「MINIのようなクルマを作りたかったんです」。

最近のマツダ車らしく、走りはとてもレベルが高い。とくに乗り心地とハンドリングのバランスが高い次元で取れており、しっかりした限界特性を持ちながらも快適である。ちなみにベルギーで生産される『テネコ』製のダンパーを使っているそうな。

クルマの“味”はやっぱりダンパーで決まると思う。スタイルさえ気に入れば大満足を保証。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。
《国沢光宏》

特集