【日産 ティーダ発表】ユーザーは上からも下からも獲得したい

自動車 ニューモデル 新型車

【日産 ティーダ発表】ユーザーは上からも下からも獲得したい
  • 【日産 ティーダ発表】ユーザーは上からも下からも獲得したい
  • 【日産 ティーダ発表】ユーザーは上からも下からも獲得したい
  • 【日産 ティーダ発表】ユーザーは上からも下からも獲得したい
30日に発表された新型2BOXの日産『ティーダ』。近似クラス従来型の『サニー』の平均ユーザー層が50代ということもあり、ティーダのユーザーも比較的高齢層が予想される。実際のユーザーターゲットはどのあたりを狙っているのだろうか。

ティーダの商品企画を担当した、松本秀二チーフプロダクトスペシャリストに話を聞いた。「ティーダはサニーに比べて、若い年齢層をターゲットとして考えています。具体的にはまだ子供のいない30代前半から40代の夫婦、または子供が手から離れた50代の夫婦などを考えています」

「ティーダの魅力でもある室内の広さや、インテリアの上質さは、30代の若いお客さまが『マーチ』や『キューブ』からステップアップしてきても、心地よく感じていただけると思います」

「また、今までは子供や家族のために『セドリック/グロリア』や『エルグランド』といった大きなクルマに乗っていた方でも、ティーダの質感の高さなら満足して乗っていただけると思います」とコメント。

ティーダのターゲットカスタマーは、コンパクトカーからのステップアップと、Lサイズのクルマからの乗り換えの2段構えを考えているようだ。

なおティーダのセダン版『ティーダ ラティオ』がまもなく発売予定で、こちらが事実上のサニー後継であり、ユーザーの年齢層はティーダより若干上になると予想されている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集