新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!

自動車 ニューモデル 新型車

新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!
  • 新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!
  • 新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!
  • 新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!
  • 新型ポルシェ・ボクスター先行発表…目が!
ポルシェはミッドシップ・ロードスターの『ボクスター』をマイナーチェンジ、11月に実車を正式発表する。それに先駆けて7日、写真と概要を発表した。「ボクスター」(=ベーシック仕様)と「ボクスターS」の2仕様構成は変わらない。

エンジンは2.7リットルと3.2リットルの2本立て、排気量は変わらないが出力増強はじめ各部に改良が加えられ、新型はミッドシップ・スポーツカーのトップクラスの地位を維持する。

ベーシック仕様の2.7リットル水平対向エンジンの出力は現行より12bhp増えて240bhp(176kW)、 0-100 km/h加速は6.2秒、最高速度は256km/h。

S仕様の3.2リットル水平対向エンジンの出力は20bhp増え、280bhp(106kW)になり、静止から100 km/hまで5.5秒で到達、最高速度は268km/hと発表されている。

ベーシック仕様のトランスミッションは在来機種の改良発展版の5MTを、S仕様は新開発の6MTを設定。いずれの仕様にもオプションで5速「ティプトロニックS」が用意される。

デザインではノーズがおもな変更点で、新型『911』(タイプ997)との関連性は明らかだが、ボクスターらしさも残っている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • [PR]

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集